【資格】ISO21500 準拠!NPMO認定資格制度「PMOスペシャリスト™認定資格(PMO-S™)」提供開始

資格ロゴ

日本PMO協会(略称: NPMO)は、PMO業務のための資格制度として、NPMO認定資格制度「PMOスペシャリスト™認定資格(NPMO認定PMO-S™)」を201634日(金)より提供を開始しました。

プロジェクトマネジメントの国際標準規格であるISO21500に準拠した教材をオンライン完結型で提供し「いつでも・どこでも・誰でも・気軽に」PMOについて学べる環境を実現しています。

【 Press Release 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ISO21500 準拠!NPMO認定資格制度「PMOスペシャリスト™認定資格(PMO-S™)」提供開始
━ PMO業務で習得すべき基本的な知識の習得を証明するPMO資格制度が登場 ━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

プロジェクトマネジメントとPMOの啓蒙活動を推進する一般社団法人日本PMO協会(略称: NPMO)は、PMO業務のための資格制度として、NPMO認定資格制度「PMOスペシャリスト™認定資格(NPMO認定PMO-S™)」を2016年3月4日(金)より提供を開始しました。

 

■NPMO認定資格制度「PMOスペシャリスト™認定資格(NPMO認定PMO-S™)」 WebページURL

http://www.npmo.org/pmo-s/

検索エンジンから「PMOスペシャリスト」でも検索していただけます。

 

◆提供の背景

 PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)とは「組織内における個々のプロジェクトマネジメントの支援」を行う構造システムであり、組織的なPM能力の向上に貢献する重要な役割を担っています。そして、そこで活躍する人材には、プロジェクトの成功率を高めるビジネススキルが期待されています。

 しかし、PMOが担う具体的な業務は企業組織・文化・環境やプロジェクト規模等により多岐にわたるため、体系的な人材育成が難しく、恒常的に人材が枯渇してしまう状況が生じています。

 そこで、私達NPMOでは、PMOの現場業務において基本として習得すべき知識を確認し、それを認定する資格を提供することで、このような現状を打破し、日本における様々な組織のプロジェクトマネジメント能力の向上に貢献したいと考えました。

 

◆資格制度の概要

 「NPMO認定PMOスペシャリスト™認定資格(PMO-S™)」は、PMOのスタッフに必要とされる基本的な知識や技術を学習し、その成果を認定する資格です。

 現在、全国的に枯渇しているPMO人材の育成を促進し、その健全な発展に寄与するため、誰もが安心して学べるサービスを提供し「いつでも・どこでも・誰でも」PMOについて学べる環境を実現しました。

 

★☆★ PMO-S™ 3つの特長 ★☆★

1. 【グローバル・スタンダード】プロジェクトマネジメントの国際標準規格「ISO21500」に準拠

本教材の内容はISO21500:2012(標題訳「プロジェクトマネジメントの手引」)に準拠しております。

なお、本教材における同規格の引用は日本規格協会様による確認のもと使用しています。

2. 【いつでも・どこでも】学習から受験まで「オンライン完結型」

スマートフォンやPCを活用し、時間と場所を選ばない学習環境をご提供しております。

3. 【誰でも】緩やかな受験資格・維持しやすい更新制度

プロジェクトマネジメントに関する資格をお持ちであれば、年齢・学歴・業務経験などは問いません。

なお、受験資格を獲得するためのPM資格も協会が自ら提供しており、こちらも学歴等は一切不問です。

 

◆価格 ※全て税別

○個人会員・法人会員・学生会員: 取得時費用 合計 18,800円

・教材(期限6ヶ月)9,800円 ※トライアル価格

・受験料(1回)3,000円

・資格登録(初回)・更新(2年毎)料金 6,000円

※会費: 入会金3,000円・年会費10,000円

※現在、個人会員は初年度年会費を無料としています。詳細は、NPMOのWebサイトでご確認ください。

 

○一般: 取得時費用 合計 25,500円

・教材(期限6ヶ月)12,000円 ※トライアル価格

・受験料(1回)5,000円

・資格登録(初回)・更新(2年毎)料金 8,000円

 

※トライアル特別価格期間中は受講者の皆様に、受講後のアンケートをご回答いただいております。

 

◆今後の展望

 今後は、まずは上位資格(PMOスペシャリスト(★★)™およびPMOスペシャリスト(★★★)™)の策定を強力に推進いたします。また、様々なニーズにお応えできるよう、eラーニング以外の学習機会や受験制度の設計など、オフラインも含めた多様なプログラムの開発に着手したいと考えています。

 なお、組織の長期展望としましては、認定講師制度の設立など新たな資格制度の提供や研究会制度の設立などコミュニティ活動を通じ、日本におけるプロジェクトマネジメントの更なる普及を目指します。

 

◆一般社団法人 日本PMO協会について

○私達NPMOは、日本におけるプロジェクトマネジメントの普及と、その健全な普及を支えるPMO(Project Management Office)の普及を目指し、2014年3月4日に設立しました。

○主な事業(準備中の事業も含む)

・資格制度の運営、資格の交付、資格に関する講座・セミナーの企画、立案、運営

・教育研修・研究会等の企画、立案、運営

・コンサルティング

・会員や有資格者のためのコミュニティ運営

○組織概要

・代表理事:伊藤 大輔

・所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷三丁目スクエアビル2階

・連絡先:050-3631-2610 (NTT-Com IP Phone)

・URL:http://www.npmo.org/

 

◆本件に関するお問い合わせ先

一般社団法人 日本PMO協会 広報担当(事務局長 十返(とがえり)): pr@npmo.org

ダウンロード
※上記の内容をPDFでも配信しております。適宜ご活用ください。
NPMO_PR_PMO-S_2016-03-04.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 691.7 KB