PMO,PMO-S,★★,資格,試験,ISO,21500,PM,プロジェクト,マネジメント,オフィス,日本PMO協会,
PMO,資格,合格率,試験,ISO,21500,PM,プロジェクト,マネジメント,オフィス,日本PMO協会,

ISO21500/JIS Q 21500準拠

オンライン完結型 / 職場・自宅で資格取得

PMOの知識と技術を証明する、PMOの資格です。


PMOスペシャリスト(★★)™認定資格

(NPMO認定PMO-S(★★)™)

ISO21500/JIS Q 21500準拠

PMO-S(★)™の次のステップ。

PMOマネジャーとして必要な知識と技術の習得を証明する資格です。

PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)とは「組織内における個々のプロジェクトマネジメントの支援」を行う構造システムであり、組織的なPM能力の向上に貢献する重要な役割を担っています。そして、そこで活躍する人材には、組織のプロジェクトマネジメントの支援を通じてプロジェクトの成功率を高めるビジネススキルが期待されています。

NPMO認定PMO-S(★★)™資格(PMO-Sダブルスター)は、PMOマネジャーとして習得すべき知識と技術を確認し、それを認定する専門性のある実践重視の資格です。

NPMO認定PMO-S(★★)™資格は一般社団法人日本PMO協会が資格認定を行っております。

 

学習・習得する内容はこちら

 

NPMO認定PMO-S™資格はランクアップ制度があります。

 

PMOスペシャリスト(★)™ ⇒ PMOの基礎知識を証明する資格
・PMOスペシャリスト(★★)™ ⇒ PMOの知識と技術を証明する資格(PMOマネジャーレベル)

・PMOスペシャリスト(★★★)™<現在策定中> ⇒ PMOの知識・技術・経験を証明する資格

 

※当ページでは主に「PMOスペシャリスト(★★)™」資格について記載いたします。

 

【学習ポイント20時間取得可能】

PJM-A、PMO-S資格を取得されている皆様は、本eラーニングのみの受講でも、資格更新に必要な20時間分の学習ポイントが取得できます。

※ただし、PMO-S(★★)資格を取得するために購入(学習)したコースで1回目のPMO-S資格を更新することはできません。初回に学習したPMO-Sコースはあくまでも資格取得のための学習コースとなりますので、本コースでPMO-S(★★)資格1回目の更新をご希望の場合は、再度本コースをご購入いただく形になります。その場合、「更新用教材(リンク)」よりご購入いただけます。

 

ISO21500/JIS Q 21500準拠

本教材の内容はISO21500:2012(プロジェクトマネジメントの国際標準規格)/JIS Q 21500:2018(日本工業規格/管理システムの分野規格)に準拠しております。

※なお、本教材における同規格の引用は日本規格協会様による確認のもと使用しています。

 

資格取得までのプロセス

オンライン完結:映像型eラーニングで学びとオンライン試験。

自分のペースで学べて資格取得。

 

「忙しい受講者に学びの時間を」をモットーに、NPMOでは映像型eラーニングとオンライン試験を導入しています。

受講者・受験者のちょっとした時間、例えば、通勤時間、営業時間前後の1時間、土日祝日などを活用いただけます。

  1. 映像型eラーニングで学ぶ (約5時間)+自習(目安約20時間~)で学ぶ
  2. オンライン試験を受験(120分)
  3. 合格し資格取得 or 再試験

【試験情報】

PMOの知識と技術を習得している事を証明するため、学んだ知識と技術の活用、応用、思考を記述式解答にて問う試験になります。

  • 試験方法:受験者所有のパソコンから当会所定のeラーニングシステムにアクセスし受験
  • 試験問題数:20問
  • 試験時間:120分
  • 試験形式:記述式(1回答150文字前後)
  • 合格基準:100点満点中70点以上
  • 合格率:56%(2021年4月~8月に実施したリリース前パイロット運用にて、PMO-S(★)合格者に対して実施した合格率です)

【採点方法】

採点は当会評価員(有識者)が採点します。

当会評価員の2名が物理的に離れた場所で、お互いに連絡等せずに受験者の解答に対して採点します。

2名の評価員が採点したそれぞれの問題の採点の平均(小数点以下の端数切り上げ)が各問題に対する点数になります。

 

【評価指標】

評価員の評価は以下基準概要に則って採点します。

なお、評価ポイントの詳細については公開していませんので、予めご了承ください。

評価は「加点方式」で行われます。

従って、未記載の解答は0点となります。

+1点:PMO-S(★)またはPMO-S(★★)で学んだ内容の要素が含まれているか。

+1点:150文字前後で評価員に分かる文章で解答がなされているか。

+1点:問題の内容やそこに含まれる課題を正確に把握し、解答にその解決要素が含まれているか。

+1点:PMO-S(★)またはPMO-S(★★)で学んだ内容の要素を自ら思考し応用しているか。

+1点:問題の内容やそこに含まれる課題解決の「プロセス」または「複合的な対応策」が含まれているか。

 

PMOスペシャリスト,PMO,スペシャリスト,資格,受験,学習,方法,プロジェクト,マネジメント,オフィス,
  • 試験評価は有識者である2名の評価委員が行いますので、評価完了まで約1か月ほどかかります。早期の評価はお問合せいただいても対応いたしかねますので予めご認識いただきますようお願いいたします。
  • 試験結果はメールによる合否連絡の後、各問題の点数と総得点を当会の本eラーニングシステム上で提示します。個別の受験者への解答に対する詳細評価のフィードバック等はしておりませんので、予めご了承ください。なお、個別の受験者の解答への評価の詳細につきましてはお問合せいただいても対応いたしかねますので予めご認識いただきますようお願いいたします。
  • 不正なコミュニケーションによる評価防止のため、評価員は公表しておりません。予めご了承ください。
  • 合格者の認定書等の発行については、合否連絡の月の末日から起算し、1か月~2か月後になります。早期の認定書送付はお問合せいただいても対応いたしかねますので予めご認識いただきますようお願いいたします。なお、企業等で合否の結果を提出しなければならない場合は、認定書が届くまでの間、別途合格者に送信または提供される仮認定証をご活用ください。仮認定証はメール形式にて、合格発表後約2週間で当会から合格者に送信されます。

 

学習/受験資格

【映像型eラーニングコンテンツの学習のみを希望される方】

●どなたでも学習できます。

※コンテンツの一部にプロジェクトマネジメントやPMOの基礎概念や知識を習得していないと理解できない内容が含まれます。

※プロジェクトマネジメントの基礎概念や知識の習得を希望される方は「プロジェクトマネジメント・アソシエイト(NPMO認定PJM-A™)」を先に学ぶことをおすすめいたします。

※PMOの基礎概念や知識の習得を希望される方は「PMOスペシャリスト(★)認定講座」を先に学ぶことをおすすめいたします。

 

【認定資格取得試験を受験される方へ】

●指定のNPMO認定教材での学習を修了した者。

当協会のPMO-S(★)™認定資格を有している者。

※コンテンツの一部にPMOの基礎概念や知識を習得していないと理解できない内容が含まれているためです。

当協会の「PMO-S(★)™認定資格」はこちらをクリックください。

●年齢・性別・国籍・業界・業務経験などは一切不問です。

 

上記の条件を満たす方であれば、どなたでも受験していただけます。

 

 

スマートフォンでどこでも学習

NPMO,日本PMO協会,資格,取得,合格率,プロジェクト,マネジメント,試験,勉強,方法,

動画を見ながら「いつでもどこでも」学習できます。教材は第1章~第4章まであり、動画の長さは約30分~約1時間。通勤時間、勤務前、勤務後、お昼休憩中など「ちょっとした時間」を「学びの時間」に変えて資格取得を目指せる環境をご提供します。

※スマートフォンのデータ通信料・パケット料金・インターネット通信料はお客様負担となります。パケットの定額制をご契約されていることを推奨します。

 

●サンプルeラーニング受講は<こちら

●推奨動作環境は<こちら

 

ご自分のパソコンで学習・受験

NPMO,日本PMO協会,資格,取得,合格率,プロジェクト,マネジメント,試験,勉強,方法,

のパソコンで学習できます。また、ご自身のパソコンで資格試験が受験できます。ご自身の任意のタイミングで協会のeラーニングシステムにログインし、制限時間内で試験問題を解答していただきます。

※試験は通信が安定しているところで実施していただきます。

※パソコンのインターネット通信料・データ通信料・パケット料金はお客様負担となります。

※試験に際しては「NPMO認定資格倫理規定」を確認し受験いただきます。

 

●サンプルeラーニング受講は<こちら

●推奨動作環境は<こちら

 

 


プロジェクトマネジメント・PMOの経験豊富な専門講師

豊富なプロジェクトマネジメント経験者で、現役の大学院講師・ビジネススクール講師経験者が、臨場感のある映像型eラーニングを通じて、実践的かつ分かりやすく説明します。

 

●講師

 

野々垣 典男 氏

 

米国PMI®認定PMP®(Project Management Professional)

元株式会社JTB情報システム代表取締役社長、元株式会社JTB執行役員

日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)やソフトウェア情報センター(SOFTIC)、情報処理推進機構(IPA)、日本規格協会(JSA)などの各種委員会委員

「情報システム・モデル取引・契約書」の第一版、追補版、第二版の作成委員

東京地方裁判所 専門委員(IT) 

 

 

資格取得のメリット

資格取得のメリットは、お仕事やプライベートでの活動で学んだことを活用できることはもとより、第三者機関が受験者の知識や技術を認めることによる様々なメリットがあります。

一般社団法人日本PMO協会(NPMO)は中立な立場で皆様の知識や技術をNPMO認定資格制度で認めています。またNPMO認定有資格者へは認定資格証を発行しています。

 

1.スキルアップ

プロジェクトマネジメントやPMOの現場業務において基本的な知識を習得することにより、ビジネス力がアップします。

プロジェクトマネジメント関連の知識や技術はビジネススキルの基礎となっています。あらゆる業種・業態・案件で活用できます。

 

3.組織能力強化

法人様の場合、プロジェクトマネジメントやPMOの専門知識・技術を有しているメンバーがいる事で、プロジェクトガバナンスの高度化が目指せます。

 

2.キャリアアップ

NPMOが第三者機関として習得した知識と技術を認定することで、知識と技術を証明することができます。

履歴書や会社内での評価制度、名刺などに取得した資格名を記載することができるため、資格を活用しキャリアアップのチャンスが得られます。

 

4.ブランディング

法人様の場合、社員の皆様のプロジェクトマネジメントやPMOの専門知識・技術をNPMOが第三者機関として認定することにより、法人様のお客様に対するブランディング向上につながります。

 


NPMO認定有資格者の証明方法

認定資格証の発行

PMO,スペシャリスト,PMOスペシャリスト,資格,試験,合格,認定証,賞状,

NPMO認定資格試験の合格者に対し、NPMOから認定資格証を発行しお届けします。

名刺への記載

PMO,スペシャリスト,資格,プロジェクトマネジメント,名刺,記載,PMOS,PMO-S,

NPMO認定資格試験の合格者に対し、名刺への指定の「資格名」の記載、指定の「資格ロゴ」の掲示を認めています。

※表示のロゴはサンプルです。各資格に応じて指定されたロゴを利用いただきます。

※記載資格名はNPMOが認めた「NPMO認定PMOスペシャリスト(★★)」、「NPMO認定PMO-S(★★)」いずれかの記載になります。

 


履歴書への記載

プロジェクトマネジメント,資格,履歴書,記載,PMO,日本PMO協会,

取得されたNPMO認定資格を履歴書の免許・資格等の欄に記載することができます。各資格に応じてプロジェクトマネジメントやPMOの知識と技術を対外的にアピールすることが可能です。

 


映像型eラーニング・試験システムを無料体感

映像型eラーニング・試験システムはとても操作が簡単です。ストレスの無い教材をいますぐ体感してみてください。

※eラーニングシステムの操作等を体感いただくために無料体感をご提供しています。無料体感のコンテンツ内容は本コンテンツ内容とは異なります。


受講者の声

●新資格に伴い、現在、受講者の声のフィードバックを得ている状況です。

 


教材/受験料金

NPMO認定教材(映像型eラーニング)

約5時間の映像型教材です。

受講期間中(6か月間)何度でも受講できます。

スマートフォンでも学べるため、時と場所を選ばず学ぶことができます。通勤時間、営業時間前、営業時間後などを有効に使い学ぶことができる教材です。

※現在「PMOスペシャリスト(★★)™認定資格」のトライアル期間につき特別価格にて提供しています。

※トライアル期間であっても学習教材や資格認定は通常と変わりません。

※トライアル期間特別価格期間中は受講者の皆様に、受講後のアンケートをご回答いただいております。

※受験を想定して教材のみをご購入される方は必ず上記受験資格を有しているかを確認してからご購入ください。

 

  教材料金(トライアル価格)
(A) 個人会員 13,200円(税込)
(B) 法人会員 13,200円(税込)
(C) 学生会員 13,200円(税込)
(D) 一般 18,700円(税込)

※個人会員・学生会員価格で購入希望の方は、ページ下部にあります【PMO-S(★★)受験条件確認フォーム_個人・学生同時登録希望】(青色のフォーム)に必要事項を入力のうえ、送信してください。
PMO-Sの受験には受験条件があるため、弊会にて受験条件を確認のうえ、ご購入専用URLをご案内させていただきます。

※現在、個人会員と学生会員は年会費が初年度無料となります。是非ご活用ください。詳細は<こちら

※当協会としては、より開かれた資格制度を目指し、「業務経験」不問としておりますが、本資格においては、業務経験ならびに社会人経験を有していないと解答が難しい試験問題も含まれます。学生会員にも門戸を開いてはおりますが、業務経験ならびに社会人経験を有さない皆様で本資格の取得をご希望の方は一度当協会までお問合せいただく事をおすすめいたします。

 

受験料/受験方法(オンライン受験)

ご自宅で受験できる120分のオンライン受験です。

受験問題は記述式(各設問に対し150文字前後で解答)です。問題数は20問です。制限時間内にご解答いただきます。PMO-S(★)で既に身に着けている知識や技術や、PMO-S(★★)教材で学ぶ重要ポイントを理解していないと全ての問題に解答できない制限時間設定になっています。また、設問はシナリオ形式(シチュエーション形式)で問われる設問になっており、教材で学んだ要素を自分だったらどう応用して活用するかの思考が求められます。教材でしっかり学んでから受験していただくようにお願い申し上げます。

 

試験は教材学習修了後、そのまま受験のステップに進み、受験期限内に任意のタイミングで受験可能となっております。

 

試験評価は有識者である2名の評価委員が人的に採点を行いますので、受験後、評価完了まで約1か月ほどかかります(早期の評価のご希望をお問合せいただいても対応いたしかねますので予めご認識いただきますようお願いいたします)。

受験日の約1か月後に事務局から、ご登録のメールアドレスにメールにて合否の連絡をさせていただきます。

 

合格者の認定書等の発行については、合否連絡の月の末日から起算し、1か月~2か月後になります(早期の認定書送付はお問合せいただいても対応いたしかねますので予めご認識いただきますようお願いいたします)。なお、企業等で合否の結果を提出しなければならない場合は、認定書が届くまでの間、別途合格者に送信または提供される仮認定証をご活用ください。仮認定証はメール形式にて、合格発表後約2週間で当会から合格者に送信されます。

 

※試験合格者で資格登録をする皆様は<こちら

※受験には「受験資格」を満たす必要があります。受験資格については当ページ内の「学習/受験資格」をご確認ください。

 

  初回受験料金
(A) 個人会員 11,000円(税込)
(B) 法人会員 11,000円(税込)
(C) 学生会員 11,000円(税込)
(D) 一般 16,500円(税込)

 ※上記は1回の受験料となります。

 

 

再受験料金

(A) 個人会員 3,500円(税込)
(B) 法人会員 3,500円(税込)
(C) 学生会員 3,500円(税込)
(D) 一般 5,500円(税込)

 ※2回目以降、再受験ごとに上記料金が別途かかります。


※受験は何度でもチャレンジいただけますが、2回目以降は受験ごとに再受験料がかかります。

※当資格を受験希望のお客様で、同時に個人会員または学生会員として入会をご希望の方は、、ページ下部にあります【PMO-S(★★)受験条件確認フォーム_個人・学生同時登録希望】(青色のフォーム)に必要事項を入力のうえ、送信してください。
PMO-S(★★)の受験には受験条件があるため、当協会にて受験条件を確認のうえ、ご購入専用URLをご案内させていただきます。

※現在、個人会員と学生会員は年会費が初年度無料となります。是非ご活用ください。詳細は<こちら 

   

資格更新制度

プロジェクトマネジメントやPMOに関連する知識や技術は日々変化していきます。資格取得後も最新の知識と技術の習得が求められます。皆様の継続的な学習とキャリアアップを目的とし、NPMO認定資格は2年毎の更新制度を取っております。

更新には「更新権利取得」(以下参照)と「更新手数料」が必要となります。

なお、2年間で更新いただけない場合は、残念ながら資格は更新されず、資格失効となりますので、ご注意ください。

●更新の皆様はこちらをご覧ください⇒資格更新用サイトはこちら

 

【PMO-S(★)、PMO-S(★★)の両資格の更新の考え方について】

PMO-S(★★)を取得された方は、PMO-S(★)の更新について以下の考え方をもとにご検討ください。

 

●PMO-S(★)、PMO-S(★★)双方を更新される場合

双方の資格を更新された場合、双方の資格を履歴書や名刺に引き続き記載することができます。

PMO-S(★★)受験資格では、PMO-S(★)の資格を有していることが条件となるため、PMO-S(★★)のみ表記すれば、PMO-S(★)を有していることになりますが、対外的に積極的に専門性を表現する場合には双方の資格の表記があった方が望ましいと考えております。

 

●PMO-S(★★)のみを更新される場合

既述の通り、PMO-S(★★)受験資格では、PMO-S(★)の資格を有していることが条件となるため、PMO-S(★★)のみ表記すれば、PMO-S(★)を有していることになります。

しかしながら、PMO-S(★)を更新されない場合は、履歴書や名刺にPMO-S(★)の資格を有している事は記載できなくなり、PMO-S(★★)の資格のみを記載できることとなります。

 

上記のように、皆様の専門性の表現方法、活用方法により、両資格を更新するのか、PMO-S(★★)のみを更新するのかをご検討ください。

 

更新プロセス

【NPMO認定eラーニング・セミナー受講による更新権利取得】

資格取得後2年間で、NPMO認定資格更新用eラーニングかセミナーを合計20時間受講し、知識と技術を学ぶことで更新権利を取得できます。学んだNPMO認定資格更新用eラーニングやセミナーをオンライン申請することで資格更新できます。

eラーニングやセミナーは価値あるリーズナブルなものとなっており、皆様の継続的な学びを支援しております。

なお、複数の資格を有している方は、資格有効期限内に取得された学習時間(ポイント)を取得されているすべての資格更新に利用できます。

 

NPMO認定セミナーの詳細は<こちら 

NPMO認定資格更新用映像型eラーニングの詳細は<こちら

 

NPMOアンバサダー制度による更新権利取得(実施時に都度募集)】(個人・法人・学生会員のみ)

個人・法人・学生会員の皆様には「NPMOアンバサダー制度」を設けております。

具体的には、2年間で合計20時間以上のNPMOアンバサダー活動を行い、NPMOに申請、承認されると資格更新の権利を得られる制度です。こちらの制度には、日本においてプロジェクトマネジメントを更に普及させたいという想いを込めております。

※NPMOアンバサダー制度の詳細は<こちら

現在、個人会員と学生会員は年会費が初年度無料となります。是非ご活用ください。詳細は<こちら> 

 

上記のNPMO認定資格更新用eラーニング、NPMO認定セミナー、NPMOアンバサダー制度による学習ポイントを単体または複合的に合計20学習ポイント分取得することで資格更新の権利が得られます。

 

<理想的な更新プロセス例>

【取得時】

(例)2021年4月

NPMO認定試験合格(資格発行) 

【1年目】

(例)2021年4月~2022年3月

NPMO映像型eラーニングかセミナーを10時間程度受講

【2年目】

(例)2022年4月~2022年12月

NPMO映像型eラーニングかセミナーを10時間程度受講

【2年目更新時】

(例)2023年1月~2023年3月

NPMO認定資格更新手続き⇒資格更新(手続き完了)

 

  資格更新料金(2年に1回)
(A) 個人会員 6,600円(税込)
(B) 法人会員 6,600円(税込)
(C) 学生会員 6,600円(税込)
(C) 一般 8,800円(税込)

 

※個人会員・学生会員ではない方で、資格更新時に個人会員・学生会員価格で更新をご希望の方は、会員登録をしてから資格を更新ください。

※現在、個人会員と学生会員は年会費が初年度無料となります。是非ご活用ください。詳細は<こちら> 

 

資格取得までの具体的プロセス

資格取得までのプロセスはとても簡単です。

  1. 当ページ下部の「NPMO認定PMO-S(★★):教材+受験料」(赤色フォーム)または「NPMO認定PMO-S(★★):教材+受験料+入会金(個人会員または学生会員)」(青色のフォーム)のいずれかから「受験条件確認フォーム」を送信します。

  2. 当協会にて受験条件を満たしているかの確認をし、ご購入専用のURLをご案内いたします。

  3. ご案内URLからお支払い完了後、クレジットカード決済の場合は即時、銀行振込の場合は当協会にてお支払い確認が取れましてから3営業日以内に受講可能となりますので、ご自身のパソコンまたはスマートフォンで学習を開始します。

  4. 学習完了後、そのまま受験のステップに進み、任意のタイミングで受験可能です。 

     

  5. 試験評価は有識者である2名の評価委員が人的に採点を行いますので、受験後、評価完了まで約1か月ほどかかります(早期の評価のご希望をお問合せいただいても対応いたしかねますので予めご認識いただきますようお願いいたします)。受験日の約1か月後に事務局から、ご登録のメールアドレスにメールにて合否の連絡をさせていただきます。

  6. 合格者の認定書等の発行については、合否連絡の月の末日から起算し、1か月~2か月後になります(早期の認定書送付はお問合せいただいても対応いたしかねますので予めご認識いただきますようお願いいたします)。なお、企業等で合否の結果を提出しなければならない場合は、認定書が届くまでの間、別途合格者に送信または提供される仮認定証をご活用ください。仮認定証はメール形式にて、合格発表後約2週間で当会から合格者に送信されます。


PMOスペシャリスト(★★)™ <NPMO認定PMO-S(★★)™> お申込み

とても簡単なオンライン申込みです。思い立った時が学びとチャレンジのチャンスです。

 

PMO-S(★★)の資格取得には受験条件があるため、すでにNPMO会員の方、一般の方ともに、「受験料」セットでご利用になる場合は、下記にあります「受験条件確認フォーム」をまずはお送りください。弊会にて受験条件に問題ないことを確認しましたら、ご購入のURLをご案内させていただきます。

 

ご不明な点がございましたら、お気軽に当協会にお問合せください。

お問合せフォームは<こちら>

 

 

●非会員の皆様(現在会員ではない皆様)

 

教材+資格試験セット

               

 

35,200円(税込)

         

以下の【PMO-S(★★)受験資格確認フォーム】(赤色フォーム)よりお申込みください。

                     

教材+資格試験+個人・学生会員入会セット

(現在初年度年会費無料)

27,500円(税込) 以下の【PMO-S(★★)受験条件確認フォーム_個人・学生同時登録希望】(青色フォーム)よりお申込みください。
教材のみ 18,700円(税込) ページ下部の購入ボタンよりご購入ください。※受験を想定して教材のみを購入される方は受験資格を満たしているか必ず確認してから購入してください。

教材のみ+個人・学生会員入会セット

(現在初年度年会費無料)

16,500円(税込) ページ下部の購入ボタンよりご購入ください。※受験を想定して教材のみを購入される方は受験資格を満たしているか必ず確認してから購入してください。
●個人会員・学生会員の皆様(既に会員の皆様)
教材+資格試験セット 24,200円(税込) 以下の【PMO-S(★★)受験資格確認フォーム】(赤色フォーム)よりお申込みください。
教材のみ

13,200円(税込

ページ下部の購入ボタンよりご購入ください。※受験を想定して教材のみを購入される方は受験資格を満たしているか必ず確認してから購入してください。
●教材のみ購入したが資格試験にチャレンジされたい皆様

初回資格試験のみ

(教材受講済みの非会員の皆様)

16,500円(税込) 以下の【PMO-S(★★)受験資格確認フォーム】(赤色フォーム)よりお申込みください。

初回資格試験のみ

(教材受講済みの個人・学生会員の皆様)

11,000円(税込) 以下の【PMO-S(★★)受験資格確認フォーム】(赤色フォーム)よりお申込みください。
●再受験される皆様

再受験

(教材受講済みの非会員の皆様)

 5,500円(税込) 以下の【PMO-S(★★)受験資格確認フォーム】(赤色フォーム)よりお申込みください。

再受験

(教材受講済みの個人・学生会員の皆様)

 3,500円(税込) 以下の【PMO-S(★★)受験資格確認フォーム】(赤色フォーム)よりお申込みください。

お申込みはこちら


NPMO認定PMO-S(★★)™:教材+受験料(一般 / 個人・学生会員)

 

一般の方、すでに個人・学生会員へのご入会がお済み(会員への入会金をお支払い済み)で、当資格を取得希望のお客様はこちらをご選択ください。

 

会員価格でご利用希望で、会員へのご入会がお済みでない場合は、下記の「NPMO認定PMO-S(★★)™:教材+受験料+入会金(個人会員または学生会員)」にて、【PMO-S(★★)受験条件確認フォーム_個人・学生同時登録希望】(青色フォーム)より必要情報をお送りください。

※現在、個人会員と学生会員は初年度無料となります。次年度より年会費がかかります。会員制度の詳細はこちらをご覧ください。

 

【ご注意ください!】

PMO-S(★★)の受験には「受験資格」が設定されています受験資格を満たしていない場合、「NPMO認定PMO-S(★★)™:教材+受験料」をご購入いただけません。 

 


NPMO認定PMO-S(★★)™:教材+受験料+入会金(個人会員または学生会員)

 

当資格取得希望のお客様で、同時に個人会員または学生会員として入会をご希望のお客様は、下記の【PMO-S(★★)受験条件確認フォーム】(青色フォーム)より必要情報の送信をお願いいたします。

※現在、個人会員と学生会員は初年度無料となります。金額には入会金が含まれます。次年度より年会費がかかります。会員制度の詳細はこちらをご覧ください。

 

既に会員の方(初回入会金をお支払い済みの方)は、上記「NPMO認定PMO-S(★★)™:教材+受験料(一般/個人・学生会員)」の【PMO-S(★★)受験資格確認フォーム】(赤色フォーム)より必要情報を送信ください。

 

【ご注意ください!】

PMO-S(★★)の受験には「受験資格」が設定されています受験資格を満たしていない場合、「NPMO認定PMO-S(★★)™:教材+受験料+入会金(個人または学生会員)」をご購入いただけません。

 


NPMO認定PMO-S(★★)™:教材

 

教材(映像型eラーニング)のみのご購入はこちらをご利用ください。 

 

※現在、個人会員と学生会員は年会費が初年度無料となります。是非ご活用ください。詳細は<こちら> 


初回受験料

 

初回受験をご希望の方はこちらからお申込ください。

【ご注意ください!】

PMO-S(★★)の受験にはPMO-S(★)資格を有していなければならないなどの「受験資格」が設定されています受験資格を満たしていない場合、「NPMO認定PMO-S(★★)™:初回受験」をご購入いただけません。 

 

誠に恐れ入りますが、初回受験料のみをご購入希望の場合は、下記の【PMO-S(★★)受験条件確認フォーム】より必要情報の送信をお願いいたします。

 

※現在、個人会員と学生会員は初年度無料となります。次年度より年会費がかかります。会員制度の詳細はこちらをご覧ください。


再受験料(2回目)

 

再受験(2回目の受験)をご希望の方は、こちらからお申込ください。

 

誠に恐れ入りますが、2回目の再受験料をご購入希望の場合は、下記の【PMO-S(★★)受験条件確認フォーム】より必要情報の送信をお願いいたします。

 

【お願い】

3回目以降の再受験の場合は、お問合せフォームより、弊会までご連絡をお願いいたします。


法人での複数受講者の一括お申込みはこちら

法人の皆様で、複数の受講者に対して一括してお申込みされる場合は、こちらのお問合せフォームからお問合せください。

●お問合せフォームは<こちら

 


お問合せ

ご不明な点がございましたら、お気軽に当協会にお問合せください。

お問合せフォームは<こちら>

※事務局からは最大7営業日までにご連絡させていただいております。